救命処置のスペシャリスト救急救命士を目指す!専門学校選びに役立つ豆知識あれこれ

当サイトは、救急救命の専門学校の情報をご紹介しているサイトです。
救命処置のスペシャリストを目指している人のための情報も、当サイトでは掲載しています。
専門の学校を選び際に役立つ、さまざまな豆知識もご紹介しています。
専門の学校に進学する方法と就職する方法を比較した場合、どちらがこの資格を目指すのに最適なルートなのかということも、当サイトを見ればわかります。
救命の資格を取得するためには、東京にある専門の学校に通った方が良いのかという情報も、ご紹介しています。

救命処置のスペシャリスト救急救命士を目指す!専門学校選びに役立つ豆知識あれこれ

救急救命のスペシャリストとなるためには、この資格に関する豆知識も知っておいた方がおすすめです。
豆知識として紹介できるのは、救急救命士の国家資格を取得するための条件です。
国家試験を受験するための方法の一つは、専門学校で勉強することです。
大学で勉強して受験資格を得ることもできます。
専門学校では、2年以上勉強することが必要です。
国家試験に合格して、消防士の採用試験にも合格すれば、救急救命士として働くことができます。

救急救命士になるために必要な国家資格は専門学校で取得できる!

いろんな国家資格があるなかでも、これから高い需要が望めるのが救急救命士です。
いまでは全国の消防署で活躍をする人材ですが、さらには病院でも活躍をしているのが特徴です。
ここではこの資格を取得するのに向いている学校をご紹介しましょう。
専門学校へ進学をすることが重要で、医療系の施設となるのがポイント。
全国には約2000件の数で救急救命学科という専門コースを有する学校があり、そこで学ぶことが可能。
簡単にどんなカリキュラムを用意しているのかをご紹介すると、一般教養と運動となるのが特徴です。
なぜそれらを2年間の在学期間で学ぶのかというと、すべては国家資格の試験のためです。
計14の学科から出題をされており、基本的には消防士になる際のテストと同様です。
基礎体力が高くて、ジョギングなどの時間制限ありのテストも課せられます。
さらに基礎医学も試験にでるため、専門学校で毎日しっかりと学びながら合格を目指すことになるわけです。

消防官として勤務した後に救急救命士になる方法!専門学校に通う必要はある?

日本では全国各地に消防署があり、火災に際はすぐに消火活動を実施されています。
この施設はさらに急な体調不良のときは救急車を要請できる救命場所という側面もあるのは、多くの方がご存じでしょう。
消防士ではなく救急救命士という別の資格を有した方が駆けつけているのですが、この消防官から救急救命士へ転職をすることは可能なのでしょうか。
結論からいえば、転職はできます。
そして別途、専門学校に行く必要は一切ありません。
理由は単純で同じ現場ですでに基礎的な技能を身に付けているからです。
国家公務員として各施設で働いているため、学び直す必要はないというわけです。
ただし、救急救命士にはその資格を持たないといけないため、必ず試験を受けないといけません。
消防官というポジションではれば学科は免除をされており、救命措置・延命措置などの実技試験のみでライセンスの交付をされるのが、特徴となっています。
救急救命士と同じく併用で勤務も可能です。

専門学校に入学してから救急救命士の受験資格を得るためにかかる期間

今、若い世代を中心に国家公務員になりたいという方が多くなりました。
将来性があって、社会的信用度も高いお仕事という点が支持をされているといえます。
色んな公務員がありますが、ここでは簡単に救急救命士になるためのコツをご紹介します。
かなりの難易度が高い試験をパスしなくてはいけないのがポイントで、まず最初に専門学校に進学をするのが必須です。
2年のみの在籍期間で、計250時間の学科お学ぶことになりますが、救急救命士の場合は医学の知識も必要になるのが特徴。
そのため、2010年度以降から新設をされている専門学校に至っては3年制になっているので、進学の時は注意をしなくてはいけません。
では受験資格を得るにはどんな学科をマスターすればあいいのでしょうか。
一般教養をパスすることで公務員試験の一次を通過することができ、つぎに二次試験では医学の知識と実技が課せられます。
約3年間でそれをマスターすることで、救急救命士になれます。

救急救命士になるために選ぶべき専門学校の学科コース

2000年に日本では、新しい国家資格が誕生をしました。
それは救急救命士というもので、以前までは消防士が兼任をしていたライセンスです。
人命救助を大切にするには、その専門が対応をしなくてはいけません。
現場で救命活動をするには高い医学の知識を必要としており、まさに救急救命士はプロフェッショナルといっても過言ではない存在です。
ここでは救急救命士になるための方法を、簡単に解説をしていきます。
まず専門学校にいって救急救命学科コースに在籍をすることになるのがポイント。
通常の専門学校なら入学試験はありませんが、救急の場合は試験があるのでそれをパスしなくてはいけません。
一般教養となるので、高校3年間の問題を出題されるのが特徴です。
学科コースでは100名ほどの定員を設けており、生徒一人ひとりに対してしっかりと充実したカリキュラムを用意しています。
学校は2年間の在籍期間となるので、2年の3月に国家試験を受けることになるわけです。

救急救命,専門学校に関する情報サイト
救急救命士を目指すには

当サイトは、救急救命の専門学校の情報をご紹介しているサイトです。救命処置のスペシャリストを目指している人のための情報も、当サイトでは掲載しています。専門の学校を選び際に役立つ、さまざまな豆知識もご紹介しています。専門の学校に進学する方法と就職する方法を比較した場合、どちらがこの資格を目指すのに最適なルートなのかということも、当サイトを見ればわかります。救命の資格を取得するためには、東京にある専門の学校に通った方が良いのかという情報も、ご紹介しています。

Search